光田健一&The K-Brothers! ハッピー♪クリスマツリ Super Session!

蒲田東口商店街主催のクリスマスコンサートに、ハモカンメンバーが
出演する情報をたまたま見つけたので行ってみた

JR蒲田東口駅前ロータリーに設営されたステージは、ホントに商店街の
イベント用という感じで、一段高くなっただけの、6帖くらいかなぁ、
想像以上にだいぶ小さなステージだった

プログラムによると、1組あたり20~40分くらいの持ち時間で、お昼から
夕方にかけて、十数組のアーティストやパフォーマーが参加。

ハモカンとしてだと、ギターが一人いないので、残りの3人だけで名前の
頭文字KをとってK-Brothersということらしい。
ボーカル3人にギター、ドラムを入れた5人編成。
夕方の出番予定で、20分ほど押して始まった。

直前のアーティストが新人演歌歌手で、レコード大賞の新人賞もとった
人らしく、その人のファンらしき人もいたみたいだけど、大半はその次に
登場するK-Brothers目当てで来てる人たちだった気がする

単独演歌歌手の次の出番で5人バンド編成になるので、メンバー自らも
手伝って、ステージ上に楽器など並べての設営転換
マイクチェック、音響チェックに♪スタンドバイミーを1曲サービス
画像

街角コンサートらしく、みんなが知ってそうな曲がラインナップ
クリスマスメドレーではアナ雪の♪レリゴーも入ってた。

レリゴーの最後の「少しも寒くないワ」のフレーズとは逆に、寒空の下、
皆コートを着たまま、歌う息も白く、キーボードやギターの演奏は手が
かじかんで大変そうだった

リーダーの光田氏が蒲田界隈に住んでいたこともあってのオファー
だったのかな。熱心なファン以外は、たまたま通りがかっただけの人が
お客さんになるフリーライブだったけど、彼らを知らない人でも楽しめる
魅せ方聴かせ方なのはさすが

ハモカンファンの人たちは、前の演歌歌手の時にも拍手や掛け声など
掛けてて、お目当てではないアーティストのステージでも、ライブ全体を
みんなで盛り上げよう感にちゃんと貢献してた

固定ファンとはメンバーも顔なじみみたいで、ライブのあと、友達同士の
ようにステージ脇で普通にメンバーとおしゃべりしてた。
大きな会場で何千何万人の観客を動員するようなコンサートでなく、
こういうお客さんとの距離が近い感じが、それはそれでアーティストに
とってもいいことなのかもね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック