ジュスカグランペール トーハク感謝DAYにて

上野の東京国立博物館の特別企画

年内最後の営業日でもある天皇誕生日からクリスマスまでの3日間、
トーハクの入館が無料。ライトアップも普段とは違うバージョンらしい

そんな特別企画に、ジュスカの無料のミニコンサートの開催。
本館エントランスの階段と平成館ラウンジで、一日2回、各30分程度。
初日の23日は法隆寺宝物館ロビーで、さらに夕方から2公演あり、
19:30からの回はチェロとシンガーソングライターのゲストも迎えての
60分公演、があると聞いて、60分公演を目指して行くことにした

開演の1時間くらい前に着いたので、せっかく無料なんだし、と
トーハク本館の中を見学してきた

仏像や美術品、文化財などきっと貴重なんであろう品々が展示されてた。
でも、美術も歴史も全然興味ないもんだから、へぇ~こんな感じなんだ、
という程度でぐるっと見て歩いただけ

館内には、熱心に解説を読んでる人や、作品の前でじっと見つめてる人、
ショップでもグッズをあれこれと買い込んでいる人も結構いた。
外国人も結構いて、絵ハガキなど食い入るように見ては買い求めてた。

作品ごとに撮影の可否のマークがついてて、作品や解説を
パシャパシャと撮影してる人は結構いた。
撮影可否の基準は国宝や重要文化財か、とかは関係ない感じ。

係の人に聞いてみたら、寄贈者の意向で可否が決まっているらしい

普段から週末は21時まで入れるみたい。この日も無料とはいえ、遅い
時間帯でも、こういう博物館が好きで見に来る人って結構いるんだなぁ

以前、法隆寺宝物館前で開催された同じくジュスカのコンサートでは、
秋口だったけど、外での鑑賞はかなり冷えたのを経験したので、今回は
ダウンコートを着込み、ひざ掛けでも持っていこうかとちょっと悩んだ
けど、さすがにクリスマスの この時期、外ではなく、建物の中に入った
ロビーでの開催だったのでよかった

ジュスカのことを知らずに来ている人も多そうで、ロビーに並べられた
パイプイスはすぐ満席となり、立ち見している人も結構いた。

アンコールは私の好きな曲で聴き入り、全体的にも初めての人にも
聴きごたえがあったようで、拍手と一緒に歓声もあがってた。

会場の法隆寺宝物館前の池のまわりには灯篭が並べられ、博物館での
開催ということで、ちょっと大人な、高尚な雰囲気のコンサート
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック