マチュピチュ旅行(旅フォト番外編)

ペルーっぽい景色番外編。

デジカメだと、失敗や枚数を気にせずドンドン撮れるから、
観光地の景色や記念写真的なモノだけでなく、
目に留まった印象的なモノや日記のような記録画として撮ったりもする。

地元の定番飲料、インカコーラ。
画像

民族衣装を着て、子リャマを抱いた地元っ子。
モデルとして観光客のカメラに収まり、チップをもらう仕事をしている。
画像

マチュピチュ行きのマイクロバスに描かれたイラスト。
一瞬、こんなとこに富士山が描かれてる!?と思ったけど、
もちろんマチュピチュを描いたイラスト。
画像

マチュピチュ村の路地で見つけた、石でかわいく装飾された道。
画像

ペルーの家は屋根から鉄筋がむき出しのままになってるところが多い。
お金が貯まったら上の階を造るから、とか、
完成してないと税金が安いから、とかってどこかで読んだ。
だからか不明だけど、マチュピチュ村で泊まったホテルもかなりな未完成。
北側が工事中。養生もしてなくて、ホテルのロビーはほぼ外と同じ気候(^_^;)
画像

アルパカの毛糸ではないんだろうけど、
毛糸製雑貨がいろいろお土産用に売られてる。
この印象的なマスクもその一つ。お店前の柵にディスプレイされてたモノ。
地元のお祭りでかぶって使うらしい。
画像

お土産屋さんのTシャツコーナー。渦巻きPeruデザインを自分用にも購入。
画像

よく見ると、プーマならぬ「リャーマ」だったり
画像

アディダスならぬ「コカ’ス(コカの葉)」や「「アルパカ’ス」も\(^^ )
画像

画像

職場の人々用おみやげたち。
インカコーンスナックやナッツチョコ、
アンデス岩塩と紫トウモロコシのアメやお茶のセット。
画像

自分用みやげたち。
アルパカ100%マフラー、より高級な?ベビーアルパカ100%マフラー、
インカの世界観を表すシンボルとして南十字星を思わせる、
インカクロスとも呼ばれる「チャカナ」を象ったペンダント、
マチュピチュやペルー国旗、クスコ市旗がデザインされたピンバッジ、
ワイルーロというアマゾン地方の木の実がついたチャーム
(幸運や恋愛運上昇の意味があるらしく、るるぶガイドさんがくれたモノ)
友人からのバースデープレゼントのシルバーペンダントトップ。
画像

これまでに行った海外旅行では、
だいたい自分みやげにご当地デザインTシャツを買ってるかな(^^)
行った国の国旗とかをデザインしたピンバッジや缶バッジも
これからのコレクションにいいかも(^_^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック