世界アカペラトラベラー

東京都主催の「アートにエールを」というプロジェクトだそう。
コロナで活動できないプロのアーティストに発表の場を提供するもので、
企画書を応募して審査を受けて合格しないとダメなものらしい。
音楽以外にもアートや演劇などのジャンルもあるみたい。

ラグフェアとインスピがコラボして応募した企画が通ったとかで、
先日、その動画が公開になった

音楽で世界旅行を、おうちで旅行気分を、のコンセプト。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=VF2jFJkom2M&feature=emb_logo

メンバーそれぞれの個性や得意分野が活きているのが動画を見てても判るし、
打合せから収録、編集などすべてをリモートで完成させたらしいけど、
その制作過程の役割分担も、誰が決めたわけでもなく各自が連携よく動き、
20年来のチームワークで出来上がったんだって

2グループ内からのジャズ好きで組んで活動しているBROAD6のパートも
あえて設けていて、メンバーでない人は歌わずに曲を聞いてたり、
ワインやサングラスなどの小道具を仕込んでいたり、
最初は各自の自宅部屋写真から始まって、お部屋から旅立ったことを表し、
旅先の背景の写真はメンバーが持ち寄った写真を使っていたり、
判る人には判るような手作り演出が混じっているのも楽しい

最後の花火の音まで全部声だけなのは、アカペラグループならでは。

この、音楽で世界旅行のコンセプトは、ラグフェアが持ち歌にしてて、
♪ミュージック世界ラリーと題して歌ってる。
ラグフェアが気になりだしたきっかけの一曲でもある。
https://www.youtube.com/watch?v=d9cfn3gbPQE

歌い方、声質などメンバーの個性がすごく活きたカバーメドレー曲になってる。

何度かライブでも聞いたことがあるけど、ステージによって違う曲に
入れ代わっていることもあって、でもそれも”らしさ”はちゃんと活きた選曲と
編曲、演出になってて楽しい。

「アートにエールを」PJに参加している他のアーティストの動画もいくつか
見たけど、他に比べても動画の作り方がテレビっぽいというか、
エンターテイメントに徹してて、魅せ方を心得ている感じ
作品自体が素晴らしくても、その魅せ方って大事だなと思わされる。

軒並みライブは中止になっているけど、配信でのライブの企画が進んでいる
みたいだから、それを楽しみに待とう

配信なら交通費をかけず家でゴロゴロしながら飲み食いしながらでも見れるし、
それはそれで新鮮だし、ステージとの距離も実より近い感じなのかもね



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント