「ライオン・キング」ライブ・オーケストラ

映画を生オーケストラ音楽で観るシネオケ。

ライオンキングの実写版がこの夏公開されてて、お盆休みに観に行こうかと
ちょっと調べたら、同時期にシネオケ版もやってるという。

通常の映画館で観るなら1,800だけど、シネオケ版はS席だと1万円以上、
一番安いB席でも4千円台。ちょっと高くはつくけど、もし一番安いB席が
取れるようならシネオケ版にいってみようと検索
オーチャードホールのお盆明け平日夜公演のチケットを取った(字幕版)。

IMG_5137.jpg

私の取ったB席は、会場の左右壁面沿い配置のバルコニー席で、より舞台に近い
前の方の席。スクリーンに対して真横に近い感じかな?と思ってたけど、
少し斜めから観る感じなだけで、S席やA席で後ろのほうになってしまうより、
むしろ画面にも近く、オケの演奏の様子も近くに感じてよかったかも

同時期に通常の映画上映もされているからか、普通に映画を観たいと思う人は
普通に映画館へ行ってしまうんだろうね、シネオケ会場は結構空席があった。
ワンブロック丸々空いているエリアも

チケットを取った時は、残り少ないような表示だったけど、2階、3階の前方
側の高価そうなエリアは、早々に募集を制限してたんじゃないかな、前方は
空いてるのに、後方は埋まってる、みたいなアンバランスな客入りだった

アニメでは観たことがあって、なんとなくのストーリーは知ってた。

実写版というかオールCGなんだろうね、動物がしゃべってる、というところは
確かに違和感あるけど、動物の毛並みの感じや筋肉の動きなど表現は超リアル。
アニメだとオーバーアクションにフィクション満載でも成り立つところが
実写だとそのへんの表現が半減しちゃうのかもなと思ってたけど、そうでもなく
リアル表現な分、迫力やスピード感もあったし、大げさではなくとも、
ちゃんと喜怒哀楽の表情も描き分けられてた

アフリカの壮大な雰囲気を感じられる音楽が、生オケなのでとてもよかった
太鼓類やシロフォン(木琴)が大活躍で、パーカッションを見てても楽しめた。
映画館でも臨場感を味わえるIMAX上映とかもあるけど、ここは生オケ版に
してよかった

いつも思うけど、シネオケでもアンコールやってほしい
メインテーマ曲の短縮アレンジとか劇中曲のメドレーアレンジとか、そういうの
用意しておいてほしい。映画上映中はついスクリーンに気が行って、音楽だけに
集中できなくなるけど、最後にもう一度音楽を堪能してから帰れるとうれしい。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント