富士登山プロジェクト

私の中での2年がかりで意識してきたプロジェクト

2018年の今年、誕生日を迎えるととうとう50に。歳をとったなぁ
生まれてから半世紀も経つんだなぁと感慨深いものがある

2013年に富士山が世界遺産になったあたりから、大人になった今、
自分の意思で登ってみたいなぁと漠然と思ってて、50になるのを機に
トライしてみようと思い始めた

昨年末にサンタさんから届いたクリスマスカードのお返事ハガキにも、
今年の目標として書いた
画像

子ども時代に使ってたクレヨンを出してきて、画才が無いなりに、
我ながらなかなかカラフルにカワイく描けた

昨年も参加した、夏休みに富士登山を目指す人のためのステップアップ
ツアーに今年も参加してみることにした

昨年は高尾山と那須茶臼岳だけの参加だったけど、
高尾山では登山用の基本装備の必要性を実感し、
茶臼岳では揃えたレインウェアを使っての雨模様の登山を実体験。

1年かけて他の装備品もひととおり揃え、1泊の荷物量を背負って
旅行もし、雨の日や寒い日にも使い勝手を試した。

さらに夏までに登山実践を重ねようと、昨年と同じ高尾山と茶臼岳の
ほか、奥多摩の高水三山、富士山1合目~5合目の日帰り登山ツアーに、
早速まとめて申し込み

先日、そのステップアップツアーの事前説明会に行ってきた。
40名くらいの人が参加。女性が9割。男性は夫婦での参加が多かった。

説明会は特別目新しいことはなかったけど、いきなり富士登山に行くより
順を追って経験を積んでから臨めば、登頂率はグンと上るとアピール。

心構えや装備品の重要性などの話を2時間聞いたあと、希望者は近くの
登山用品を扱うお店へのショップツアーに参加できる。

説明会後、30分後に指定のお店に直接再集合。
登山三種の神器(登山靴、ウェア、ザック)に絞って、お店の一角で
店員さんによる選び方のポイントなどの話を聞き、その後は自由解散。
そのままお店で買い物をして行ってもいい。

装備品はひととおり揃えてたので、新たに買いたいものはないんだけど、
登山用のウェアなどは、旅行や日常使いでの使い勝手もいいので、
全身モンベルで揃えたもの以外に、別のお店でTシャツとか良さそうな
ものがあったら買ってもいいなと思い、ショップツアーにも行ってみた。

結局、新たには何も買わなかったけど、説明会&ショップツアーで
話を聞き、自分の心構えや装備の再確認をした感じ

あとは体力とお天気。お天気は運まかせでしかないけど、
これから半年、意識的に歩き、階段を使い、もうちょっと運動しないと

富士登山本番は2泊するゆったりツアーにするつもり。
頂上でのご来光にはこだわってない。でもお鉢めぐりをして3776mまで
行きたい。できるかな。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック