ニュージーランド旅行 旅ログφ(.. )

ニュージーランド旅の行程( ^^)/

▼1日目
夕方成田集合。18:30発のオークランド直行便
今回は成田まで東京駅から高速バスで行ってみた。
リムジンバスではない安い京成バス。
確実に座れるし、スーツケースもトランクへあずけ、楽ちんでよかった

▼2日目
朝、オークランド着。すぐ国内線に乗り継いでクライストチャーチへ
現地ガイドが乗り継ぎのみ案内してくれる。

機材整備のためとかで1時間出発が遅れたので、乗り継ぎがギリギリ
添乗員がいなくてかなり不安だったけど、機内で隣席だった同じツアー客
と思われる人を見失わないよう、ドキドキしつつ、無事乗り継ぎ

南島クライストチャーチ空港で現地ガイドと合流。
このガイドはここから3泊、ずっと一緒に案内してくれる。

クライストチャーチの地震の被害跡地中心に街なかを車窓観光。
日本の3・11の1ヶ月前に起きた地震だったんだね。
まだ更地状態のところも多い。
画像

追悼の場としていろんな形の白いイスが置かれた作品。
画像

その後、ハグレー公園、モナベイルガーデンを下車観光。
とにかく緑がキレイ。花がいっぱい。
画像

画像

画像

画像

宿泊地のテカポ湖へ。

日本人経営のレストランでサーモン丼の夕食。お重にみそ汁、外国とは
思えない初日の夕食だけど、いちお名物らしい。

夜中、星空鑑賞オプションツアー。

▼3日目
テカポ湖畔と善き羊飼いの教会を下車散策観光。
画像

世界遺産マウントクック国立公園へ。1時間ほどハイキング散策
画像

アロータウン(金鉱で栄えた街)に立ち寄り、宿泊地クイーンズタウンへ。
クイーンズタウンはワカティプ湖畔のリゾート地。
画像


▼4日目
世界遺産ミルフォードサウンドへ。
氷河渓谷の景色を車窓観光。途中下車して森林ウォークも。
画像

フィヨルドクルーズ観光船乗船
画像

宿泊地クイーンズタウンへ連泊。
街なかの中華レストランでの夕食後、お土産探し&街散策。

▼5日目
オマラマへ。
途中クロムウェルでフルーツスタンドへ立ち寄り、
フルーツやハチミツの試食&買い物。

ひつじの毛刈りショーと牧羊犬のひつじ追い見学。
画像

宿泊地クライストチャーチへ。

明日の夜は機内泊になるので今日が最後の宿泊。今宵は大晦日だったので、
夜中、ハグレー公園内で行われるカウントダウンイベントへ。
画像

自由時間だったけどガイドが案内してくれて、他のツアー客と一緒に
カウントダウン、花火を見て、ニュージーで年越し

▼6日目
早朝、国内線で北島のロトルアへ

今日一日のみの現地ガイドと合流して、市内観光。
間欠泉、マオリ文化の紹介展示、キウイ飼育施設のあるテプイア観光。
画像

ワイトモ鍾乳洞とツチボタル洞窟鑑賞。
画像

オークランドで最後の夕食

夜中23:55発、直行便で帰国の途へ

▼7日目
朝7:30に成田着。

その足でお正月の実家へ行く予定だったので、成田空港内のシャワー
ルームを利用してみた。広くて快適
シャワーでサッパリ、荷物を整理し、ツアーに付いていた片道無料の
スーツケース宅配にして、お土産だけ持って実家へ。
画像

空旅11時間ほど。時差はプラス4時間(サマータイム時)。
1NZ$=約100.6円。チップの習慣は特に無し。

NZでは食品の持ち込みが厳しく、入国カードに食品を持っていることを
ちゃんと申告しておかないと罰金を取られるらしい。薬も対象みたい。
何も持っていかないようにしようかと思ったけど、お菓子の類いは現地で
買うとして、のど飴とサプリは日本から持参することにして申告

750mlのミネラルウォーターが380~450円で、物価は高め
水道水は飲んでも大丈夫そう。食事の際には日本みたいに水が出た。

お酒は飲まないので、食事の際は出された水と食後のコーヒーで充分。
でも日中にガブガブ飲む分は、後半、ペットボトルの水が結構お高いので、
水道水をそのままでも大丈夫かもしれないけど、念のためホテルの部屋で
お湯を沸かし、冷ましたものを空きペットボトルに入れて持ち歩いた。

ニュージーランド料理と言えるカテゴリは特に無いらしく、
食事は日本食、中華、フレンチといろいろだった。
先住民マオリの食文化として、地熱を利用して土中に掘った天然オーブン
で作るハンギという蒸し料理があるようだけど、今回は食す機会がなかった。

それでも特産といえるラム肉料理や、パブロバという家庭でもよく作る
らしいメレンゲのケーキは味わえた
画像

画像

ガイドブックにはトイレに関する記述が見当たらず。
実際どこもキレイでペーパーもあるし、濡れ手乾燥機や紙タオルがあり、
手持ちのハンカチもティッシュもほとんど使わず、心配要らなかった。

旅のお土産
画像

ひつじキャラクター付きマフラーは姪っ子に。
マヌカの蜂蜜は両親へ。パンに塗るとかでなく、スプーン1杯を
毎日食べると健康にイイとか、キズ口に塗ってもイイとか。
実家で開けて、自分用に空き瓶に少し分けてもらった。

ラノリンオイルのハンドクリームはお世話になっている方へ。
マヌカハニーのリップは職場の女子へ。
クッキータイムのクッキーはバラマキ土産に。
アメリカンな感じのパッケージだけど、NZでは定番のお菓子とか。
画像

お店もカワイイ。店頭販売ではクッキーとクッキーにアイスを挟んだもの
も人気らしい。クッキーとアイスの種類と組み合わせを選べる。

ポテトチップは移動中とかホテルで食べようと思って、現地のコンビニで
買ったんだけど、結局食べる間無く持ち帰ったもの。
自分用にはご当地Tシャツとキウィ色のお財布とパウア貝のピンバッジ。

心残りは
・クライストチャーチのカードボードカセドラル(日本人が設計したと
 いう地震後の紙製仮設大聖堂)を車窓からでなくちゃんと見たかった。

・同じくクライストチャーチのエイボン川のパンティング(舟遊び)が
 したかった。

・自分土産のパウア貝のピンバッジを早速カバンに着けてたら、
 どこかで落としてしまい、その後も同じものを見つけられなかった。

・帰省している姪っ子たちが帰る時間までに間に合わず、会えなかった。
 お土産も直接渡せず残念

ってところかな

今度は周遊でなく、滞在型でゆっくり来たいと思った

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック