トルコ旅行の思い出

その時も友人と合わせて1700枚もの写真を撮った。

3年くらい前、年末年始休暇を利用してトルコへ行った。
6泊8日かけ、トルコの西側中心にバスでグルッと周遊。
主な行き先は、回った順に、カッパドキア、コンヤ、パムッカレ、
エフェソス遺跡、ベルガモン遺跡、トロイ遺跡、イスタンブールなど。

カッパドキアとイスタンブールの名称くらいしか知らなかった。
移動時間も多く、冬場で日没も早いから、駆け足での観光だったけど、
日本では味わえない異国情緒をたっぷり味わった。

どこの景色も雰囲気も言葉(トルコ語)も人も物も、
「欧米」からイメージするいわゆる「外国」ともまた違って、
独特なものがあった

モスクなんかは日本でいうお寺みたいなものだというイメージだったので、
正直、あまり関心も期待もしていなかった。

でも、イスラムの国トルコでは、どの街にもモスクがあって、
ドーム型の屋根と天に突き上げるミナレットの佇まいが
いっそう異国を感じさせる。
その建物の大きさやミナレットとの高さや配置のバランスがどれも絶妙で、
どれも外観のシルエットがカッコいいなと思った。

特に、イスタンブールにあるブルーモスクは素晴らしかった
画像

外観もそれまで見てきたモスクよりも大きく壮大で素晴らしいんだけど、
その内部がまた素晴らしかった。

青基調のタイルやステンドグラスや絨毯、
天井から下がっている巨大な照明やドーム型の天井、太い柱と大空間、
日本ではあまり見ない色使いや構造、空間で、すべてが「異国」でかつ美しい。
画像

画像

「キレイ」というより「美しい」と表現したくなる。
友人は「こんなところで礼拝できるなら、イスラム教に入信したくなった」
と言ったほど。

トルコはとても親日な国。
現地でずっと案内してくれたトルコ人ガイドは、
日本には行ったことはないけど、日本語はペラペラ。
街なかやお店などでも、日本語で話しかけられることも多かった。

トルコ料理はフランス料理、中華料理と並んで世界の三大料理と言われて
いるけど、日本人の口にはちょっと合わないものが多かったかな。
ケバブ(焼肉料理)はおいしかったけど、
メゼ(前菜)の類はかなり独特なクセのある味。
デザートもヒタヒタにシロップ漬けされたものなど激甘。
でもパンはどれも柔らかく、甘みがあって、とても美味しかった。

チャイ(紅茶)はお店での待ち時間などでも気軽に出してくれる。
チャイグラスがかわいい。自分土産にも購入した。
画像

ほかに、トルコ独特のものでハマム(トルコ風呂)も体験した。
韓国のアカスリにも近いのかな。
蒸気で満ちた部屋であったまったあと、ケセジと呼ばれる係の人が、
全身を洗ってくれる。
豪快にホースで頭からお湯をかけられ、ジャバジャバと洗われる。

街なかのハマムは混浴が多く、ケセジも普通は男性らしい。
観光客向けにはホテル併設の女性のケセジがいるところを勧められた。

ホテルの廊下に飾ってあったハマムの写真
画像

普通の庶民のハマムはこんな絵なんだな。
トルコでは普通でも、これでは確かにセクハラとかって言われるよね。
自分たちの実際のハマム体験の時の写真は無いので、この写真を見ると、
「あぁハマムも行ったなぁ」と思い出す。

1700枚の写真たちはどれも捨てがたく、あまりに素晴らしい写真が
たくさん撮れたので、帰国後、厳選に厳選して120枚にしぼり、
写真集を作った。
画像

自分たちが写っていない絵ハガキのような見栄えのする写真や
そのときの出来事が思い出される印象的な写真を中心に選んだ。
画像

画像

先日、「私もトルコに行ってきたんです」という同僚と話してたら、
彼女もステキな写真がたくさんあるので写真集を作ろうとしてるという。
そうだよね、作りたくなるよね、私も作ったもん、という話で盛り上がり、
見せてほしいというので、しばらく仕舞い込んでいた写真集を出してきた。

改めて見ると、まさしく自己満足な出来なんだけど、
楽しかった思い出がよみがえる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かこ
2012年09月10日 10:14
以前一緒に旅行に行った時のアルバムを見せて貰ったことがあるけど、その時のチケットや、説明なんかもついていて、とても楽しい写真集だったよ
のんきさんの物事を楽しむ感性とか、こだわりとかいいよね
今は死語となったトルコ風呂も、ここから来てたんだね。
たかこ
2012年09月10日 21:49
すごくしっかりとした写真集に仕上がるんだね。
これならまた・・・って気になるかもねぇ。
私はデータの方がなくさないからいいんだけど。
のんき
2012年09月12日 19:06
>かこさん
あの時も楽しかったねぇ。あのころはまだデジカメじゃなかったから、現像してみるまで、ちゃんと撮れてるか判らなかった。帰ってから写真を交換してアルバム作るのが、これまた楽しかったなぁ。今でも旅に行くと、切符やチケットの半券、現地でもらってきた観光マップやパンフレットとか、みんなとっておいてるんだけど、写真の枚数もハンパなく多いし、整理しきれなくてね。。でもデジタルだとスライドショーにしたり、編集加工したりも出来て、いろんな楽しみ方ができそうだよね。
のんき
2012年09月12日 19:12
>たかこさん
けっこう値も張りましたけど(^_^;)。でも個人的な普通のツアー旅行が、グンとグレードアップされてる感が出て、気に入ってます
同僚が作ってた写真集も先日、やっと出来上がったと見せてもらいました。彼女の作品の方が、自分たちが写ってるモノも織り交ぜ、1ページに数枚の写真を大きさや配置を変えてレイアウトされ、コメントも書き込みされてて、あたかも旅行雑誌みたいな出来栄えでしたよ。
データだけで持ってると、何かの拍子に飛んでしまわないか不安ということもありますけど、帰ってからの写真の整理が旅の楽しみのひとつなんです

この記事へのトラックバック