船旅(旅行記&旅フォト)

のんびりしてきたp(^^)q

小学生くらいの頃、夏休みに母の実家和歌山へ遊びに行くのに、
車ごと行けるフェリーでよく行った。

広い宴会場のような部屋に大勢で雑魚寝するスタイルで船中泊し、
日中は探検と称して船の中を駆け回り、甲板にあるプールでさんざん遊んだ。

そのときの「さんふらわあ」は「客船」という感じで、
船旅自体がひとつのイベントのような雰囲気があった。

今回乗った「さんふらわあ」はそのときとは仕様が違い、
甲板にプールはなく、移動手段のひとつの乗り物という感じ。
画像

観光客、帰省客のほか、トラックもたくさん乗船していたけど、
強面の多いトラックの運ちゃんは、船室も食事も娯楽も、
専用のスペースがあって、一般客とは動線が分けてあった。
契約しているトラックのようで、しょっちゅう乗っているのか、
みんなマイお風呂セットのカゴを持ってた。

今回、私は女ひとり旅だったので、雑魚寝の船室は避けて、
寝台車のようなカーテン付きのベッドルームの女性専用エリアを予約。

12人部屋に4人くらいしかいなくて、みんな一人旅のよう。
荷物をガザガザと音をたてるのもはばかられるほどシ~ンと静か。
ほとんどを展望ラウンジで本を読んで過ごした。

甲板にも出てみたけど、沖に出てしまうと360度海。
景色に代わり映えもないし、風が強くてけっこう寒い。
画像

ラウンジで本を読んでは甲板に出て、を繰り返した感じ(^_^;)。

満天の星空を期待してたけど、月明かりが明るかったからか、
都心で見る夜空とあまり変わらなくて残念。

朝日こそはぜひ、と早起きして寒さに震えながらも甲板に出て見た。
水平線にはちょっと雲があって、日の出時刻から少し遅れて朝日が登場。
多くの人が甲板でシャッターを切っていた。
画像

苫小牧には定刻に到着。
列車の時間が元々ギリギリで、タクシーを飛ばしてなんとか間に合った。
間に合わなかったら次まで1時間半待ちだったからよかった(^_^;)

海岸線から着かず離れずのところを特急列車で移動。
画像

駅弁かにめしを食べながら、景色を眺めながら1時間半。
画像

八雲という駅で下車。

この時期サケの遡上が見れるって聞いたので、
1時間強の待ち時間に行って帰って来れる川に架かる橋まで行ってみたけど、
見た感じ、魚1匹泳いでいない感じ(^_^;) これも残念(苦笑)。
もうちょっと上流へ行けば見れたのかなぁ。

この日はあとはホテルへ。

特急から普通へ乗り換えたけど、普通列車は1両のワンマンで、
バスのように運転手の横の運賃箱で精算する。

ホテルの最寄り駅は無人駅だった。
無人駅って初めて利用したかも。
すでに暗くなっていた時間で、ホームに降りたのは私一人。
あまりに周りが真っ暗でビックリした(@_@)

ホテルまでは歩ける距離だったけど、とても歩いては行けない暗さ。
送迎を頼んでてよかった(^_^;)

ホテルでの夕食を付けてなく、途中で駅弁を買っていって、
部屋で食べようと思ってたけど、
八雲からの道中、駅弁を売っているようなところもなく、
特急から普通へ乗り換えた駅の前にあったコンビニで
カップラーメンとおにぎりとさつま揚げだけ買っていき、
北海道らしくない食事で済ませることに。

でもコンビニに寄れただけでもよかった(^_^;)。
それくらい何もないところだった。

ホテルは海側の部屋を予約。
天気がよければ朝日が見れると思ったけど、あいにく曇り。
でも反対側の山側も駒ヶ岳が見えて、どちら側でも眺めはよかった。

屋上に出られるようにもなってたので、
天気がよければ、ここで星空と朝日が見れたなぁと思った。

翌日。
朝8時半の列車を逃すと次が12時台まで列車が無いので、この日も早起き。

昨夜は真っ暗だった駅も、今朝は無人駅の素朴な雰囲気を味わえた。
画像

この日は大沼公園を散策&サイクリングの予定。
でもお天気が悪くなる予報。
それでも午前中はまだ陽が差していて、
紅葉が始まっている湖畔沿いを気持ちよくサイクリングできたp(^^)q
画像

湖畔を一周してきて、中央の広場で出ていた屋台で
イカめしをお昼ごはんに食べていたら、
あっという間に雨雲が立ち込め、雨が振り出した。

ホントは大沼公園でもっとゆっくりのんびりするつもりだったけど、
天気は悪くなる一方のようだし、お昼で切り上げて自転車を返し、
早めに函館へ向かうことにした。

函館で函館山や五稜郭、市場など、近場を観光してもよかったけど、
雨も本降りになってきてたし、
結局、空港へ行って、キャンセル待ちして早めに帰ることにした。

観光に忙しいような旅ではなく、
移動時間、待ち時間を楽しむ旅、という感じで、
普段よりも早起きだったので一日も長く、なかなか充実した旅だった。
列車の時間に縛られるので、気が抜けないとこはあったけど、
思い描いていたような旅が出来たかな(^_^)v
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック