マチュピチュ旅行(旅ログφ(.. ))

「ペルー旅行のしおり」

直行便はなく、今回はアメリカヒューストン経由。
ヒューストンまで約12時間、乗り継いでリマまで約7時間。
乗り継ぎ時間も入れると、移動時間は20時間強。

リマからクスコまでは、国内線で1時間。
クスコからマチュピチュまで車で途中まで観光しながら移動してから、
観光列車ペルーレイルで約2時間。

時差マイナス14時間。

通貨はソル。1s/.=約30円。1US$=約78円くらいの円高な時期だった。
どこでもたいていはUS$でも支払いができた。
トイレチップやマーケットでの安価な買い物用に20US$だけソルに両替。
ドルでもソルでも、おつりがないからと1$以外の紙幣の支払いはイヤがられたので、
なるべく小額にくずせる時にくずしておくといい。

公用語はスペイン語。
英語はあまり通じないところも多いとのことだったけど、
カタコト英語とジェスチャーのみで通した。
ペルースペイン語の指差し会話ブックも活用した。

ペルーでは身分証明書を携帯する義務があるとのこと。
現地の人はIDカードのようなモノを買い物時などには見せていた。
観光客の私たちはパスポートをもちろん常に携帯。
ホテルチェックインでは必ずコピーを取られ、
列車乗車やマチュピチュ入場時にも見せる。

高山病予防にも効くらしいコカ茶。
画像

普通にお茶としておいしかったけど、
コカインの元ということで、葉っぱやティーパック、アメなどの加工品も
アメリカや日本へは持ち込み禁止。
うっかりお土産で買わないように。

ほかにもアンモナイトの化石や土器などのレプリカなども
お土産で売られてたりするけど、これらも許可が必要だったりするので、
買わないほうがいいそう。

リマ‥
 砂漠地帯なのに湿気の多いどんよりした曇天の日が多い。
 薄っぺらい手ぬぐいも一晩では乾かなかった。
 8月の冬でも寒くはなかった。

クスコ‥
画像

 標高3400m。空が近く、乾季の8月は晴天が多い。
 でも気圧が低いからか、洗濯物の乾きは良くない。
 日中は温かくなって、Tシャツに1枚羽織ものくらいでも大丈夫だけど、
 朝晩はグッと冷え込み、ウィンドブレーカーなど
 薄手でも寒さをしのげる上着が必要。

マチュピチュ‥
 標高2300m。ここもクスコに似た気候。
 ワイナピチュ登山には虫除け&日除けのため、長袖長ズボンで。
 鎖やロープの手すりを掴んだり、岩場に手をついたりするので、
 軍手があるといい。
 朝は寒いけど、登山中や日中は暑いくらいなので、
 帽子&汗拭きタオル、水は必須。

どこでも、歩くし、道も石畳だったり無舗装だったりなので、
底の厚めな歩き易い靴で。
汗をかいたあと体を冷やさないよう、着替えのシャツがあるといいかも。
ジーンズは汗をかいても乾きにくいし、トレッキングパンツにしてよかった。
Tシャツonパーカーonウィンドブレーカーの重ね着作戦で。
アルパカ製品を現地で買うのもいい。
セーターまででなくても、マフラーなら3000円くらいから
アルパカ100%のモノが手頃な価格で買える。

高山病対策には、ゆっくり行動&腹式深呼吸がいいみたい。
吸う息の倍の長さで吐くのがポイント。
いちお食べる酸素(タブレット)と飲む酸素(水やお茶に数滴入れるタイプ)を
行きの飛行機内から取るようにしてたけど、
それも気持ちの持ちようで安心グッズとして一役買ってたのかな。

旅の行程( ^^)/
【1日目】
15:55 成田発
    日付変更線経由
    ヒューストン経由(乗り継ぎ約2時間)
22:25 リマ着
    日本語ガイドの迎えでホテルへ
   (お父さんの仕事の関係で宇都宮に8年住んだ経験のあるペルー人女性)

【2日目】
7:30  ホテル出発
9:30  リマ発(ペルー国内線)
10:40 クスコ着
    日本人ガイドの出迎え(ペルー在住23年の日本人女性)
    4日目泊のホテルへスーツケースを預ける
    (マチュピチュ行きの列車には大きい荷物は乗せられないので、
     2泊3日分の荷物を別途ボストンバックに入れて持ち歩く)
    インカの聖なる谷沿いをガイド付きの車で観光
     リャマやアルパカの牧場見学
     ピサック遺跡とピサック市場散策
画像

     オリャンタイタンボ村の民家見学
    日本人ガイドはここまで
19:00 オリャンタイタンボ駅発(ペルーレイルのビスタドーム乗車)
20:43 マチュピチュ村着
    ホテルの人に出迎えられチェックイン

【3日目】
5:30  ホテル発
    マチュピチュ行きマイクロバスにてマチュピチュへ
6:00  マチュピチュ観光一日フリータイム
    7:00ワイナピチュ登山へ
    午前中は登山、午後は遺跡巡り
16:30 ホテルへ
    ふもとのマチュピチュ村で夕食

【4日目】
6:00  午前中フリータイム
    マチュピチュ村にある温泉へ朝風呂
画像

    ホテルへ戻って朝食
    チェックアウト後、荷物を預け散策、マーケットで買い物、昼食
13:37 マチュピチュ村発(ペルーレイルのビスタドーム乗車)
15:04 オリャンタイタンボ駅着
    英語ガイド出迎え、車でクスコへ
17:00 クスコ着
    ホテルチェックイン後、街歩き、買い物、夕食

【5日目】
9:00  ホテル発
13:40 クスコ発(ペルー国内線)(2時間くらい遅れてこの時間発)
14:50 リマ着
    初日と同じ日本語ガイド出迎えで初日と同じホテルへチェックイン
    近隣のショッピング施設ラルコ・マル、スーパー、マーケットで買い物
    シャワーを浴びて帰国準備
20:00 ホテルチェックアウト
23:50 リマ発
    ヒューストン経由(乗り継ぎ約4時間)
【6日目】
    日付変更線経由

【7日目】
14:20 成田着

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック